当社は、元静岡県警察で長年捜査活動に従事していた刑事が、同僚OB、OGの全面支援と協力を得て運営する全国でも珍しい「チーム警察」的な実力を持った探偵興信所です。

とんでもないお話!!

      2020/05/30   探偵日記

最近よそ様(同業他社)で行った調査内容に「納得がいかない。」などと言って、私共に再調査を申し込んで来られるお客様が増えています。

その都度、お客様からよそ様が作成した「調査報告書」を見せて頂いておりますが、それがビックリすることに、無いのです、よそ様の社名、社印が報告書のどこにも載っていないものが見受けられるのです。そうどこにも見当たらないのです。私共からしたら考えられないことです。

私共「アキ女性探偵社」では、この様になります。

(と言っても、企業秘密のため掲載出来ませんが・・・)

以前、私共の調査報告書を見た某弁護士事務所から「訴訟に(報告書)使用致しますが、作成者の名前(アキ女性探偵社)を出しても差し支えないですか?」とお尋ねがありました。常に私共は自信を持って報告書を作成しておりますので、当然のことではありますが「勿論結構です。必要があれば、公判に証人として出廷します。」と申しました。このようなことを弁護士が言う裏には、社名を拒む業者さんが存在すると言うことであると思います。

その様な業者さんは、社名を明らかにすることで何か困ることがあるのでしょうね!!

次回も、調査報告書にまつわるお話をしたいと思います。

私共は、長年の刑事警察で培った手法(形式)を以って「調査報告書」を作成しています。この点がよそ様と違うところであり、訴訟などにおいて強力な武器となっております。

余談です。いつも我が社の自慢ばかりで耳障りと思いますが、すべて事実のことでありますので悪しからず(笑)

 

※「アキ女性探偵社浜松」は、静岡県警察で刑事、生活安全などで30余年捜査に従事していた代表自らが、現場に出向き責任を持った調査を行っています。また、静岡県警察で刑事、生活安全、交通などの専門職を歴任した経験豊かなOB、OGから全面支援と協力をいただいております。これが「アキ女性探偵社浜松」が、常に迅速で正確な「中身のある調査」をさせていただいている所以であります。

 - 探偵日記